スポンサーリンク

PageSpeedInsightsでサイトの表示スピードを改善しよう


ブログランキング・にほんブログ村へ

サイトスピードが遅いユーザーの離脱の1番の原因になります。それとGoogleはサイトスピードが検索順位に影響を与える可能性があることを示唆しています。なのでサイトスピードが遅いと検索順位が低下する恐れがあります(SEOに影響してくる)。

改善できる点がありそうなら改善していきましょう!

PageSpeedInsightsとは?

PageSpeedInsights」はGoogleが提供しているウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間の短縮方法を生成するツールです。

サイトスピードやレイアウトのずれなどを元にスコアとして採点(100点満点)してくれて、改善案も出してくれます。

計測したいURLを入力して分析を押すだけで測定ができます。

モバイルサイト、PCサイトのそれぞれの結果を見ることができます。

意外と簡単な部分を変えるだけでもスコアが上がったりするので試してみましょう。

pagespeedinsightsの使い方

1.PageSpeedInsights」に移動してサイトのURLを入力して「分析」をクリック

2.モバイル、パソコンのタブをクリックするとそれぞれのサイトスピードの評価と改善点などが出てきます。

赤色 0-49:遅い
黄色 50-89:普通
緑色 90-100:速い

3.フィールドデータは実際のユーザーがそのページにアクセスしたときの情報に基づいて作成されているので新しいサイトは表示されない場合があります

・First Contentful Paint(FCP):何らかのコンテンツと呼べるものが表示されたときの時間。
・First Input Delay(FID):サイトの応答速度を測る指標。
・Largest Contentful Paint(LCP):サイト内の最大のコンテンツを読み込んで表示する時間を示す指標。
・Cumulative Layout Shift(CLS):表示されるコンテンツのズレを表す指標。

4.ラボデータ右側のタブをクリックすると項目の意味が出てきます。

5.改善できる項目はページのスピードを改善できる可能性のある項目が表示されます。
それぞれの項目を押すと改善内容の詳細を見ることができます。

6.診断はアプリケーションのパフォーマンスに関する詳細を確認できます。改善できる可能性のある項目が表示されます。それぞれの項目を押すと改善内容の詳細を見ることができます。

7.合格した監査はチェックした時にクリアした項目が表示されます。
 項目数が多いほどサイトのパフォーマンスが高いことになります。

スコアの改善方法

サイトスピードを改善するにあたってサイトのレイアウトやデザインが崩れないような項目を改善していきましょう

簡単にサイトスピードを改善できるものは以下ものがあります。

処理速度の速いサーバーを使う

サーバーの契約種類にもよるがサーバーによって速度が違うのでどうしても気になる方はXserverConoHa WINGに変えましょう。

表示速度が速いテーマを使う

テーマによっても速度は違ってきます。有料のテーマでも遅い場合があります。

PHPを最新ものに設定

PHPのバージョンが新しいほどサイトの速度はあがります。

不要なプラグインの削除

使っていないプラグインは削除しましょう。

遅延読み込みの設定を行う

プラグインのLazy Load で遅延遅延読み込みの設定を行うとサイトの速度は上がります。
WordPress 5.5から遅延読み込みが標準機能となったので設定は必要なくなりました

画像ファイルを圧縮する

プラグインのEWWW Image Optimizerで画像を圧縮するとサイトのスピードが上がります。
EWWW Image Optimizer の使い方と設定はこちらで解説しています。→こちら

JavaScriptやCSSを最適化する

プラグインのAutoptimizeを使えばJavaScriptやCSSを最適化する ことができます。

設定は簡単でJavaScript コードの最適化CSS コードを最適化HTML コードを最適化にチェックを入れて保存するだけです。

JavaScript の削減

プラグインのFlying Scripts by WP Speed Mattersで JavaScriptの削除ができます。

PageSpeed Insightsで分析した結果の改善できる項目使用していない JavaScript の削減を開き

○○○○○○/○○○○○○.jsをコピーします。

Include KeywordsコピーしたJavaScript貼り付ける

Save Changesをクリックして完了

サーバーを変えなくてもここまでサイトのスピードを速くすることが出来ました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
\クリックで応援お願いします/

タイトルとURLをコピーしました