スポンサーリンク

「ふるさと納税」ってどんなしくみ?


ブログランキング・にほんブログ村へ

今回はふるさと納税のしくみや始め方注意する点などについてまとめてみました。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は日本各地の市区町村に寄付すると 返礼品 がもらえるのと所得税住民税の一部が控除される制度です。

寄付金が2,000円を超える部分の金額控除になります。そのため実質2,000円返礼品がもらえて控除もされます。控除は翌年度分が減額されるしくみです。

例えば40,000円寄付したとすると40,000円-2,000円=38,000円分翌年の住民税、所得税が安くなります。正確に言うと安くなるのではなく税金を前払いしている事になりますが、税金として取られるより寄付をして返礼品がもらえるのでお得になります。

返礼品は寄付金額の3分の1くらいの金額の商品になります。

寄付できる自治体は自分が生まれた地域以外にもすることができます

寄付上限額は年収家族構成などによって決まります。

ワンストップ特例制度とは?

ふるさと納税は確定申告が必要ですがワンストップ特例制度を使えば簡単な申請のみ(確定申告なし)で控除が受けられる制度です。

ただし、ワンストップ特例の適用を受ける場合は、所得税からの控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税の減額という形で控除が行われます。

〈ワンストップ特例制度の条件〉
もともと確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者等であること
1年間で納税を行う自治体の数が5団体以内である場合
納税回数は6回以上でも大丈夫です。

ワンストップ特例制度と確定申告比較

〈ワンストップ特例制度 〉
・1年間の寄付先が5自治体以下
・手続き締切:翌年1月10日
・提出先:寄付先の各自治体
・控除対象:翌年度の住民税から控除 (減額)

〈 確定申告 〉
・寄付自治体数に制限がない
・手続き締切:翌年3月15日
・ 提出先:管轄の税務署
・控除対象:所得税分がその年の所得税から控除(還付)、住民税分が翌年度の住民税から控除(減額)

ふるさと納税サイト

ふるさとチョイス:自治体数、返礼品数NO.1!

さとふる:ランキングに特化していて、人気のあるものが見つけやすい

楽天ふるさと納税:ポイント還元でさらにお得に!

ふるなび:家電の返礼品が豊富

ふるさとプレミアム:Amazonギフト券のキャンペーンがある



ふるなび汎用468×60

ふるさと納税の始め方

控除の上限額をふるさと納税サイトなどでシュミレーションをして調べる。

確定申告制度ワンストップ特例制度かを選択

ふるさと納税サイト自治体返礼品 を選び納税する。

確定申告の場合は寄付控除欄寄付合計金額を記入して寄付証明書を添付する。
ワンストップ特例制度の場合は自治体からワンストップ特例申請書を受け取り、必要事項を記入して返送する。

翌年度分住民税、から減額されるているか確認

注意するポイントは?

・寄付をしたら必ず確定申告またはワンストップ特例申請書を返信しましょう。
→しないと控除されません。手続き期限にも気を付けましょう。

・控除の上限額を事前に調べる。控除額を超えると実質負担金が2,000円以上かかってしまう。
→事前にシュミレーショなどで調べましょう。 控除上限の目安より少し低く寄付する。

ブログランキング・にほんブログ村へ
\クリックで応援お願いします/

タイトルとURLをコピーしました